FP保険相談をして無駄な費用を無くそう!

税金を減らす方法

説明

税金を減らすためにはさまざまな方法があります。ただし税金を減らすために法を逸脱することは脱税であるため認められていません。これに対して法律の範囲内で認められている制度を利用することによって税額を減らすことを節税といいます。いかに節税をするかによって事業などをうまく運営することができます。この節税方法としてよく用いられるのが保険です。なかでも法人税を節税するために逓増定期保険を用いた方法が注目を集めています。逓増定期保険とは、保険期間が経過するにつれて保険金額が増加していくタイプの保険商品です。他の保険商品との大きく異なる点としては、比較的短い期間で解約返戻金が100パ−セントに近くなるという点があります。そもそもこの逓増定期保険がなぜ節税につながるのかというと、支払った保険料の一部がその支払った事業年度の経費として処理することができるためです。また逓増定期保険には、税金を減らす以外にももちろん保険として機能も備えているため被保険者が死亡など一定の事由が生じた場合には保険金が支払われます。したがって税金を減らすとともに死亡保障も受けることができます。またほかの保険商品を使った節税方法と逓増定期保険との大きく異なる点として短い期間で解約返戻金が100パ−セントになるため事業計画や事業の見通しを比較的たてやすくなるため使い勝手が他の保険商品に比べてよい点も逓増定期保険が人気の理由のひとつとなっています。